美肌作りに必要とされるコスメといえば、基礎化粧品です。
そこで美肌効果の高いと評判の人気の基礎化粧品は、いったいどのような成分が配合されているのか、気になる人は少なくないようです。
美肌といえどもその目的は人それぞれで、シミやくすみのない美白、シワやたるみを防ぐハリのある肌等様々ですが、基本的には透明感のある潤い肌はどの目的にも必要とされるものです。
ですから、当然こうした効果のあるものが人気コスメとなっている確率が高いでしょう。
このようなコスメに配合されている成分でよくみられるのが、ビタミンC誘導体・ヒアルロン酸・上皮細胞成長因子(EGF)です。
ビタミンC誘導体は、活性酸素を分解し、メラニン色素の生成を抑え、コラーゲン合成を増やす効果があるとされます。
この効果から、色素沈着やシワ、ニキビを改善しハリのあるツヤ肌に導くとされています。
ヒアルロン酸は、美肌作りに最も重要な保湿効果が高い成分です。
年齢肌やアトピー肌などの乾燥しがちで荒れた角質層に水分を与え、キメの整った潤い肌を保ちます。
EGFは、これを発見した科学者がノーベル賞を受賞したことでも知られる現在非常に注目されている成分です。
この成分には、老化した肌の細胞を再生し正常に働くよう調整する作用があるとされています。
これらはいずれも効果が高い成分であり、美肌作りに欠かせないとされますが、まずは日頃の洗顔などのケアをきちんと行い、その上で使用することが肝心です。